人気のデニムスカート

DMG(D.M.G・ドミンゴ)4Pデニムスカート
(17-159A27-9)【送料無料】

インディゴによって縦糸を染色し、横糸を生成りで綾織にした素材が綿の「デニム(denim)」生地です。そのデニムで織られたスカートは、ジーンズブランドの「リーバイス(Levis)」のほか、「ユニクロ」「GAP」といったバーリュー価格で販売する一般的な衣料品店など、幅広い商品が販売されています。
デニムのスカートは無地のものを買ってきて、自分で好みのプリントや、ビーズなどのアクセサリをつけたりリメイクして使用している人も多いようですし、デニムジーンズのように、わざと破ったり、洗ったり擦り切らせたり、ヴィンテージ風にアレンジしたりできるのが楽しいですね。

いろいろなデニムスカート

ミニのデニムでは、素足を強調してみせる女性も多く、その場合リボンミュール・レギンス・ブーツなど足ものにシンプルナアクセントをつけたファッションが楽しめます。
デニムのロングスカートは、夏場の日差しを避け、風通しもよいことから愛用している女性は多いですね。 マタニティ用のデニムスカートもあるんですよ。ウエスト部分に伸縮性の高いリムなどのゴム素材を使い、妊娠初期から後期まで長く使え、ファッションの楽しみにくくなる妊婦たちに人気があります。

デニムスカートのファッション

渋谷のファッションビル「109」でも有名なファッションブランド「CECIL McBEE(セシルマクビー)」では、ペイズリー柄などの個性的なデニムスカートを販売し、インパクトのあるデザインと美脚効果の期待できるシルエットなどが人気となっています。
また、着こなしの難しいとされるデニムスカートは、身長が低い人はロングのスカートで上半身に視線が行くような目立ったアクセサリーや、丈の短いトップスをあわせると良いとされています。一般的に足の長く、身長のある女性はミニのデニムスカートが似合い、自然に着こなすことができますね。

デニムのリメイク

去年履いてたジーンズが、今年は小さくて履けない。こんな人は、そのジーパンを処分せず、元のジーパンからデニムスカートにリメイクしてみましょう。
花柄プリント、刺繍入り、アシメントリー、チェック柄レース、ダメージ加工、スカーフ、ロマカジ、パッチワーク、ティアードと、色々な組合せができ、かなり個性的なデニムスカートを作ることができます。

スポンサードリンク

ダンガリー

デニムに似ている素材でダンガリーというものがあります。ダンガリーはデニムより軟らかく、ソフトな印象があるので主に、子供服やスカートに用いられているようですね。
子ども用のスカートでは、デニム&ダンガリーが主婦の間でも人気が高く、取り扱いの通販でも売切れてしまうこともしばしばです。